寄らば大樹の・・・どこか2

その日その日感じたことを書いていくみたいな。たまに変なこと書くときもあると思いますが馬鹿だなと思ってスルーして下さい。

【家宝】ルイズのドール

突然ですが、何故、井手口を代表に呼ばなかったのか私には理解できません。

それよりもハリルを解任するとは恩をあだで返して、誰がオーストラリアに勝ったのかといえば選手ではなくハリル一人であったと断言します。そんな監督を辞めさせて、こんな情けない国の国籍を私は持っていたのかとどの面さげて生きていけるのでしょうか?

新宿の代表ショップがこの時期に閑古鳥とは、野球もサッカーもオリンピックも大して気にも留めないでもう思い出せないのであれば、いったい日本人は何が一体感を持つのでしょうか? もう一度大東亜戦争をして国民の団結を私は確かめたいほどです。

このあいだ新宿にできたという駿河屋に行きました。新宿のマルイにあるんです。なんか場違いです。駿河屋は越後屋とは違い要はオタクショップです。オタグッズの店です。元来オタクの店とは新宿みたいな何かと艶やかで輝きと華やかさと賑やかさと人混みの多さと賑やかさと・・・もう何言いたいのかわかんねーけど新宿というイメージにオタクのショップというのはまるでミスマッチだという価値観です。新宿伊勢丹の近くに客層がそんなオタクがいるとでもいうのでしょうか? 新宿には華やかなDQNや、とにかく京華(けいか)は遊俠(ゆうきょう)の窟(すみか)にと詠むにふさわしい街であり、オタクみたいな野暮ったいイメージとは全く違うものです。ことにマルイのビルにそんなのあっていいのかと? 当初私には疑問に思えました。正直マーケティングの失敗であるという気がします。これは余計なお世話ですが。ちなみに代官山で茶でも飲もうモノならゲロ吐くねw

新宿の駿河屋に行くまでは案の定、華やいだ街を歩きました。マルイのビルがわからなくても世界堂の近くというだけで場所はわかりやすい。あーこんな場所にあるのか。やっぱ本来の客層から入りずらいです。はたしてこんなところでオタクは買いに来るのか? マルイはイケメン美女しか採用しません(接客業界に詳しい方から聞いた話だが)。ですから私みたいなキモオタグッズの缶バッチ一個でも付けただけで店に入ると「何でこの人ここに来たの?」と店に対する嫌がらせになってしまいます。だからカジュアルな格好して出向いたつもりです。駿河屋は5階にありました。フロアが明るく広く綺麗です。駿河屋はフィギュア見にアキバのホビー館しか行きませんがここはたくさんのDVDやゲームやグッズ、フィギュア、同人CDも。驚いたのがボードゲームの扱いの多さ。なかなか面白い品ぞろえです。大魔法峠のDVDBOXがあったのが感動しました。それ以外にもだいぶ昔のアニメDVDが、なかなか品ぞろえいいですね。らしんばんは古くても5年以内のアニメしか置いてないのに(あくまで個人的な感想)ここは違う。昔のアニメが見たくなったらここはいいかもしれません。中古フィギュアもたくさんある。まぁ、うま味がない値段だが。その中で私にとっては珍しいものを見つけた。

 

 

 

f:id:kurihu:20180619200119j:plain     f:id:kurihu:20180619203202j:plain

f:id:kurihu:20180619203216j:plain


 

 

こ、これ見たらもうアレですよ。私がキモオタ全盛期の2007年はカラオケではスキ? キライ!?スキ!!! を第一番で歌いました。ツンデレキャラといえばルイズと大河ぐらいしか今でも真っ先に挙げます。私にツンデレキャラの素晴らしさを教えてくれました。あのルイズコピペは病気ではなく私もああいった病気でした。競馬で30万儲かった日にはアニメイトでルイズグッズを買いましたことは白日のもとにさらすことです。ただ、唯一ルイズ関連で買うことを悔やんだのがアゾンピュアニーモのルイズだったのです。東方のアリスなんて目ではないくらい買わなかったことを後悔しました。何で買わなかったのかはなんか何処にも売ってなかった。つまり買えなかった。はぁ? と当時は。シエスタのフィギュアが買えてなんで買えないんだと。そんでそんなことも忘れていたときにこうやってまた目にする。生きていて少しばかりはよかったと感じる瞬間。これは中古と書いてありますが明らかに中古未開封です。オクでめったに流れてこない。流れてきても長いロングの髪がぼさぼさと使用感ありありですが、コレは髪はウェーブが崩れていなく着衣の乱れもないです(なんか言い方きめぇな)。箱から出した形跡もパーツのビニールを開けた形跡もない。長年フィギュアを見てきたのでどれが未開封なのかというのは店員よりも私が詳しいよ。値段が若干プレ値だけど買うわこんなん。

オタクとは場違いな新宿でオタク丸出しのこんなもん買うとは何とも人生とは不思議なものです。よくもまあ10年近く前のドールが出てきたよな。家宝レベルですね。実家の与謝蕪村横山大観の掛け軸(どうせ贋作だと思うけど)が盗まれたその穴をこのドールが埋めることでしょう。あとはアキバアゾンいって小物の椅子とコトブキヤでアクリルケース買ってヨドバシアキバで電池入れて台座が回転するやつ買ってとなる。なんせ私の思い出深いアニメの五指に入るほどのキャラだからね。

ドールはあまり好きではありませんが、穂乃果も東方アリスも可愛らしいです。しかしそれにも勝るのがルイズです。もうこのドールがあればとりあえず生きて行けそうです。そういう意味では新宿の駿河屋とそれを出してくれた前の持ち主に感謝すべきですね。

 

※追記

コロンビアに勝ちやがった。まさかこんな追記するとは。もうこんなブログ書いてる場合じゃねえな。一つ言えることはディフェンス、守備がすご過ぎ。コロンビアにエリアに入れさせない、ボールを蹴らせない、シュートをさせない。「誰がコロンビアなんかにシュート撃たせるか!!」というそういうものは形相からもよく伝わってきた。それだよ。気持ちを強く持たないと。ハリルやめさせたからにはそれ相応の結果を持ち帰ってこないと。今度から少し真面目に見ることにする。