寄らば大樹の・・・どこか2

その日その日感じたことを書いていくみたいな。たまに変なこと書くときもあると思いますが馬鹿だなと思ってスルーして下さい。

人を讃えるからにはとことん讃えるべき

Threekingdoms(スリーキングダム)をここ最近よく見ている。中国の歴史としてよく日本でも知られている三国志を描いた中国のドラマです。三国志はある程度の教養として知っておいてほしいと個人的には思っているが、中々三国志好きな人というのは出会ったことがなく世間は案外狭いもんだなと落胆したりもした。仕方がなく一人でそんな中国の歴史を見ることにしている。その史劇ドラマの中で特に私のお気に入りのシーンがYouTubeに挙げられていたのが驚いた。そうそう、このシーンが好き。

 

 


曹操の10勝、袁紹の10敗

 

このシーンは後漢末期に軍閥として二大勢力とされた曹操袁紹が対立し三国志の山場の一つとされる官渡の戦いに至るまでの天下分け目直前の曹操陣営の様子を描いている。曹操は世に知られた英雄だがこの時点では袁紹側の国力のほうが曹操よりも上回っていた。ゆえにさすがの曹操袁紹との戦いには迷っていた。それを曹操の軍師参謀筆頭の荀彧が袁紹に勝てると曹操に進言、またその勝てる理由を戦う前から袁紹は十敗し曹操は十勝しているのだから戦う前から勝負は決まったと断じた。その十敗と十勝とは、ものの見事に言い当て妙であり、曹操の覇業を支えたのはこの荀彧だと言って差し支えないほどの名演技だと。

私はこのシーンが大好きです。荀彧は優秀な部下として私は尊敬し、かくありたいものだと思う次第です。このシーンをもう少し詳しく見てみる。

最初に早々と戦わずに和睦すべしと唱えたのは孔融孔融はその孔という姓からみると孔子から数えて20世の孫であり、聖人孔子の子孫という家柄の出からも影響力が大変強くその孔融袁紹とは戦うなというのだから諸将は沈黙。ちなみに孔融が優れた武将と語ったのは

文官

許攸(官渡の戦い最中裏切り曹操につくものちに不遜な態度をとり曹操に殺される)

郭図(袁紹死後袁紹の長子袁譚と三男袁尚の争いの中袁譚につきその後曹操に殺される)

田豊(官渡の戦いの最中袁紹に投獄され同僚に讒言されて殺される)

逢紀(袁紹三男袁尚につき、袁家をめぐり争う袁譚の陣営に赴くも袁譚側に殺される)

武官

顔良(関羽に討たれる。関羽だから仕方がない?)

文醜(荀彧のおい荀攸の策にはまり討たれる)

張郃(袁紹のアホさ加減に嫌気がし曹操に下る)

淳于瓊(烏巣という場所に兵士たちの飯を運んでいたら曹操軍が来て打ち取られる)

孔融の評価した人物は実は・・・田豊張郃は違うだろうけど。孔融の言葉に異を唱えあまつさえ腐れ儒者と言い放つのが荀彧。荀彧は後漢王朝の臣であり名族。最初は袁紹側に仕えていたが袁紹の暗愚さを察して曹操の陣営に加わる。曹操は「これぞ我が張子房」と褒めたたえた。子房とは劉邦漢王朝創設の立役者として多大な功績を残した天才軍師張良の学でありそんな天才になぞられるほど荀彧は曹操に評価されていた。荀彧は袁紹との決戦を断固望み時には戦中曹操が弱気になった際に「相手も苦しいのだから、ここであきらめたら何のために戦をしてきたのか、負けとは戦に負けることが負けであり劣勢であってもそれは劣勢なだけであって戦にはまだ負けてはいない」と曹操を励ましその結果、袁紹軍の食料施設の鳥巣を急襲して食料を全て焼き払いそれで袁紹軍が飢餓状態に陥り袁紹との雌雄を制し袁紹死後の華北曹操は平定するに至る。

荀彧が袁紹との決戦を望んでいても曹操の周りの臣下たちが及び腰ではその臣下たちを説得する必要がある。いくら自分が袁紹と戦いたいからといっても和睦して戦わないという臣下たちの声に曹操が聞き入れてしまうのでは本末転倒。荀彧は曹操と優秀な和睦派たちといわば二重に相手を説得しなければならない。それには荀彧の知性を最大に使うことになる。戦わないというもっともな正論を根拠のない正論にしなければならないのだから並大抵の論説ではそれはなしえない。ならば荀彧は主君曹操がいかに優れて敵方袁紹がいかに愚かなのかをまるで詩を詠むような十項目にわたる優劣を説く反復論法をもって、曹操が優れているのだから勝てる、袁紹は優れていないのだから負ける。それを明快に説いた。曹操という人間がいかに優れているのか、その曹操の下に仕える人間がなぜ曹操が負けるというのだろうか、袁紹に負けるというのは曹操が才なき人間であるということである、それはありえない、曹操の優秀さを知っていながらなぜ曹操が負けると思うのだろうか。荀彧は自分以外の曹操の臣下に今一度曹操の偉大さを知らしめた。荀彧にこう言われてしまえば和睦派の臣下は曹操の才は節穴であると曹操を否定することにもつながる。曹操が優れた巨人だということは臣下全員がわかっていること、その曹操が負けるというのであれば曹操の才がないというのと同じ、そうではないだろうと荀彧は一喝したわけである。

大言を吐くわけでもない。小手先の話術でもない。見事である。和睦という正論が覆った瞬間。巨大な敵が相手でも優秀ならば打ち破れる。優秀でないと思うから和睦するという言葉が出てくるということなのか? それは曹操の才を認めていないということなのか? 荀彧の弁舌は己の心の矛盾を瞬時に見抜いて正鵠を射る。和睦派は荀彧の言葉に肝を冷やしただろう。かたや荀彧の言葉を聞いた曹操はどうだろうか。臣下にここまで自分が優秀であると自分を含めて周りに言い放たれてしまえばこれ以上ない自信となるだろう。ゆえに荀彧を第一に信頼する。曹操も戦いの賛否は決めかねていた。そんな曖昧な考えだから臣下たちに戦いの是非を問いかけた。そしたら和睦の言葉が臣下の口から出た。ああ、やはりそういうのかと曹操は残念だと思うがそれもまた最もな意見だと納得しかけた。そこに荀彧の卓説にいかに自分は優れた人間だと自負していたが袁紹の戦いだけは自分の才能ではどうにもならないのではという臆した気持ちを空に佩びる雲ひとつ残らずかき消すが如く天晴れな言葉として曹操の耳に届いた。それに曹操自身の自尊心をこうも奮い立たせて満たしてくれる荀彧には曹操も感謝感激これ程の臣下を持っていたことに曹操の優れた人材を求めたその結果として荀彧が存在したのだろう。

結局このシーンで私が言いたいのは人を讃えるならばとことん讃えてみよということ。

曹操の偉大さを讃えるのに相対的に袁紹がへっぽこになってしまうこのシーン。実をいうと荀彧の曹操のヨイショがたまらなく好きなだけである。あそこまで人を讃えるようなセリフを聞いて感動したのはthreekingdomsの荀彧ぐらいしか思いつかない。もし自分が優れた人物を褒めたたえたい時には荀彧のような言葉遣いを使いたいと常々思っている。それほどまで褒めてしまえば相手も周りも瞬時に降参するような、あのような荀彧みたいな褒め方を私はしてみたい。だが、しかし自分にはそれは難しい。あいにく素養が疎かで語彙の足りなさも相まって口下手になるだろう。口惜しい。

ん? そもそも私が褒めたたえたい人間はいるのだろうか? 私はそんな人物に実はあってみたい。曹操のようなそんな人間この世にいるかはわからないが是非ともあってみたい。

おりんりん

f:id:kurihu:20190413232533j:plain

 

たまーに絵を描いてみた。色鉛筆というかいつもアナログなわけで。ペンタブとかどこのボタン押せばいいのかわからないし、間違って押したら壊れてしまいそうで大変怖いです。

それただのバカじゃん。

このキャラ東方のかえんびょうりん(漢字変換がメンドクサイ)と言います。

このキャラのテーマ曲「死体旅行」は東方楽曲の中でも特にお気に入りです。センチメンタリズムを煽るようで私にはたまらなく堪えます。私は東方のなにがそんなに好きなのかというと、音楽です。その次がキャラでその次が世界観。ゲーム性とかは正直どうでもいいです。あんな弾幕避けれなければ東方は私にとって難しすぎるゲームで嫌いだからです。最近の東方楽曲では「永遠の春夢」が好きです。シークレットオブマイハートに似てるからです。そのあとが「クレイジーバックダンサーズ」です。ああいう変拍子なのが好きです。

誰か東方の音楽性とか語り合えたらなあとか思っていましたが・・・今の東方好きな人は何が東方が好きなのかちょっと気になります。

久しぶりに例大祭でも行ってみっかなー。

ゲーセンでフィギュアおっこどしてきた

私は茨城なので訛ってます。だからおっこどす(落とす)とタイトルをつけました。

なにがおっこどすとはゲーセンでフィギュアおっこどしてゲットしました。

ゲーセンなんてもうかれこれ、秋葉原のクレーンゲームはココアのフォルメイツぬいぐるみを取ったりしましたがもうあの手のクレーンゲームはやりません。理由は取れないからです。それと取っても置いとく場所がなくいらなくなるから。どうしても欲しい時は買いますが、どうしても金の無駄なんです。私はゲーセンはプライズフィギュアが目的でしたが今はそれも「昔の興味今いずこ」という心情です。

今日は私の生まれた茨城で車でぶらぶらしてたら若いころクレーンゲームをやってたゲーセンがあったので妙に懐かしくなり立ち寄りました。都心と田舎といったら茨城は田舎だろ? 都心と田舎のクレーンゲームはどういう設定なのか見比べてみようと。「あーなんか設定が、でもなんか取りやすそうだな、100円入れてみようか、・・・だめだこりゃ・・・」。なんだ田舎のゲーセンも都心と変わらないのか。取れる設定をきつくしないと、こうでもしないとゲーセンは成り立たないのかと思うと心寂しくもなります。そんななか、このゲームは私得意だというのがあったのでやりました。名前はファンタジアエナジーといい、穴に棒を差し込む卑猥なアーケードゲームです。私の好きなキャラが景品だったことが動機。

 

 

f:id:kurihu:20190407150537j:plain

ゲーセンってスマホ撮影いいんだっけ? ここのゲーセンモク吸いながらプレーできるぜ

 

2箇所カラにしたぜ! 金を入れて棒を動かし棒を穴の中に通せば棚に置いてある景品が落ちてゲットできるというものです。こういうゲームしてる動画とかつべにあげてみたいね。これは確立機というらしくお金を一定額入れてプレーしないとボタンで棒を動かして穴に入れようとしてもボタンをはなすタイミングに関わらず滑って穴に入らない…といわれてるが、それって違くね? 横に動かすボタンでは滑りがない。縦に動かすと棒の速度がある地点で変速するけど滑ったりはしなかった。昔から疑問だったけどこの筐体は技術があればいいだけなんじゃね? 1400円で2箇所落としたよ。私の全盛期ならば100円で一発ゲットしたよ。滑りが解除した金額に達していた? こんな場末のさびれたゲーセン(失礼)でこんな在庫処分の景品目当てにやってんの私だけだったのにこんなの他の人がやりたがるもんか? クレーンゲームは金がかかるけどこれはうまくやれば一発でゲットできるから好きだった。もしかしたらこのゲーセンではそういう滑りとか最初から解除してあったのだろうか。思えばこのゲーセンだけうまくゲット出来て他のゲーセンの筐体でやると確かに滑っていた記憶が。まあどうにかフィギュアをおっこどすことができました。

 

 

f:id:kurihu:20190407152549j:plain

 

 

実はかえんびょうりん(右側猫耳の子)のフィギュアだけを目当てにゲームをプレーしたんだ。これ、欲しかったけどどこでも2000円以上するから買わんかった。でもやっぱ買おうとしたらどこも置いてなかった。おりんついでにほかのフィギュアも取て得した。なんか別にどうでもいいのも手に入ったけど。

 

 

f:id:kurihu:20190407153041j:plain

 

 

このアスナ素敵じゃね? さすがEXQフィギュア。でも置く場所が…。便所に飾る場所あるかなぁ・・・。

それと、ゲーセンいってみて思ったことは田舎のゲーセンって活気がないね…。なんていうかゲーセンの役目が感じられない。ゲーセンが潰れているとはよく聞くがもうそういう店自体が時代遅れなのかもしれない。今の子たちはスマホゲなんだろうね。

 

今日は下妻へ花見行ってきた

今の時期は桜の季節ですね。天気予報の合間に桜の見ごろとか、桜の開花予報とかやってるけど、あれは日本だけにしかないらしいね。外国の方から見ると桜がいつ咲くのだとかテレビで放送するのはとても新鮮に感じると聞いたことがある。それだけ私たち日本人が桜を愛しているということだろう。

さて、私は桜が好きで今の時期は桜をよく見に行きます。とはいえ東京暮らしの私は大体が上野の杜とかでまあ綺麗ですがたまには別のところの桜も見たいと思いました。桜の名所はいくらでもあるのに上野ばかり見ていても目新しさはない。たまには趣向を変えてどこか別のところの桜でもと今回そんな別のところの桜を見に行きました。その場所は

茨城県下妻市にある砂沼広域公園

茨城県は私の生まれた場所。正確には取手市です。まあだから茨城の桜なんです。あんま県北とかの桜だと車で行くまで疲れるのでなるべく取手から車で行くにしたら下妻市辺りが妥当だったのです。それに下妻の砂沼の桜は綺麗だといわれてましたから。会社のほうは私の病気の関係で休職してますからなんで平日出かけられるんだとか突っ込まないでください。国道294号線を北に進みます。途中常総高速道路という80以上出すのがデフォな区間がありますが気にしない。途中変なお城が見えます(豊田城)。

そしてつきました。

 

f:id:kurihu:20190404135710j:plain

 

砂沼公園の東側の入り口でしょうか。あーやっぱり「桜やってるよー」て感じで看板出てますね。それよりも気になるのは蝶の萌えキャラいますねー。これは下妻市のマスコットキャラ「シモンちゃん」です。かわいいですねーフヒヒ。砂沼は周囲が6キロで道がきちんと整備されていてランニングにいいですね。市民憩いの場としてのんびりとした雰囲気です。では桜を見てみましょう。

 

f:id:kurihu:20190404140621j:plainf:id:kurihu:20190404140625j:plain

f:id:kurihu:20190404140629j:plainf:id:kurihu:20190404140633j:plain

 

スマホで桜とるくらいならいいカメラ買えよと思うでしょ? こんな画質ですいません。沼の道周りにたくさんの桜が植えられていて道を歩くと「あーサクラだー」となります。よく咲いていましたし平日でも車が多く止まっていて人も桜を楽しんでいました。そんな人々の笑顔が印象的でちょっと詠んでみました。

はなをみて

ひとのえがお

めにすれば

ひとのえがお

はなとおなじき

桜よりも人の表情のほうが主題となっています。同じ言葉を繰り返してくどく思いますが、そうしないと私としては感情が歌にに乗らない。花よりも人の表情を褒めてみたつもりです。なんだか桜よりもそちらのほうが印象深かったです。いいなーみんな幸せそうでと。自分は正直幸せを感じてないんですね…。

  

f:id:kurihu:20190404141640j:plain

 

えっ?! 砂沼って恋人の聖地だったの? 沼の南側にはきれいなカフェテリアがありました

 

f:id:kurihu:20190404141635j:plain


 沼の西側には砂沼サンビーチという市民プールがあります。なかなか大きくてどこかの遊園地のプールみたいで市民プールというには贅沢ではないでしょうか。高いウォータースライダーもあるよ。

 

f:id:kurihu:20190404142010j:plain

 

沼の中央に架かる橋にて。この像はなんか気に入りました。平和と人々の調和が見事に表れているようで…。

 

f:id:kurihu:20190404142334j:plain

 

橋からみた砂沼

 

f:id:kurihu:20190404142601j:plain

 

あんまどうでもいい写真か?

 

天気はいいけど風が吹いていて、その風も春風とは違い少々肌寒かったです。今頃の時期にしてはもう少し温かさが欲しかった。それと歩いていると自転車に乗った中学生の男の子が私に「こんにちは」とあいさつしてくれました。びっくりしましたね。今の時世下手に声かけると不審者情報行きで私なんてその不審者みたいなもんだから、そんな私に知らない子が声かけてくれたことは嬉しかった。そしたら今度は爺が「こんにちは」と優しくあいさつ。!? マジッ!? えーここの砂沼って挨拶するのが常識なのー!? これじゃ老害なんて言えなくなるじゃん! だから今回の花見は先に私が詠んだ歌にあるように桜よりも桜を愛する人々のほうが 印象深い。なんだかんだといって自然の美しさと人の優しさを同時に味わえたとても有意義なひと時を過ごせたことに感謝です。

帰りに地元の有名なパン屋に寄りました。混んでましたねー。駐車場がとめられない。中は西洋アンティーク調な置物があったりほんとおしゃれです。飲み食いできるフロアもあり、買ったらその場で食えます。言葉の表現が雑なのは私は食べ物について語るのが下手ですから。

 

f:id:kurihu:20190404143824j:plainf:id:kurihu:20190404143819j:plain

 

右が買ったパン。うまいです。下妻に来たら買えよ。滅多に食いもんに言及しない私がうまいとわざわざブログで言うんだからねっ。

今回の花見はこれにて。またどこか行きたいものですね。それから昔下妻の図書館を利用した時、こんなの家にありました。

 

・・・

 

 

f:id:kurihu:20190404133859j:plain

かわいいねフヒヒ。 
 

新元号

f:id:kurihu:20190401132518j:plain

 

新しい元号令和(れいわ)

新しい元号に対する感想としては最初知ったときは慎み深い落ち着いた雰囲気を漂わせ、それていて新たな時代の幕開けにこの字が使われたことに期待を抱いた。その後考えてみたら「和を令する」つまり「和を乱すな命令する」という時代を統制して政府の秩序の為なら不平分子を排除していくというこの国の自由を蝕む全体主義の訪れを感じさせては「さすが安倍博陸(私はあの首相を関白の唐名で呼ぶことにしている)、あくまでも政府に国民は従えと言いたいのか」と狂った深読みをしていた。そして今こうしてパソコンの前に座ってみたらこの新元号の何がいいのかいまいちわからない。なぜこの元号なのか? 万葉集からの由来だがこれまでは中国の四書五経から年号を提唱してきた経緯からなぜ我が国古来の歌集から採用したのか? 日本の年号は日本の出典こそが日本にふさわしい年号になるということだろう。私はそこが腑に落ちない。年号は中国の書簡から導き出してほしかった。そもそも年号の漢字こそ中国が発祥だろうに。日本のファンダメンタリズムがそうさせたとあれば今の政府の強固な自愛精神を感じる。だからこの年号はあまり好きではない。中国が好きだから中国の引用を避けた年号というが好きになれない理由かもしれない。万葉集の古来日本人の感性を年号に取り入れた先祖崇拝は支持されるべきであるとは思うのだが、いかんせんどこか心の奥底で納得しがたい。

それとこんなこというとお前はあれだなと思われるが「安」の文字が入らなくて本当によかった。恣意的な意味合いであるがやはりあの安倍博陸の文字を入れるのは腹に据えかねる。それよりも私はこの文字を年号に使ってほしかった。

仁治

じんちと呼ぶ。この文字から何が思い浮かべられるか。漢検3級落ちた私が考えたにしてもこれからの日本社会に望んでもらいたいという思いがこの文字である。そんな個人的な考えは言うだけ無駄である。けれども私が望むこの文字から私がこの世に何を望むのかは是非わかっていただけたい。。。。

私にとってどこか腑に落ちない新元号の令和。だがそうは言ってはいられない。決まってしまった以上これからこの文字がこれからの日本を表す文字になる。その文字がよかったかわるかったかはこれからの私たちを含めた日本国民の行動に託されているだろう。新元号の元に私たち国民は何を感じて何を思い何を望み何を行動していくか。令和の年号も素晴らしい年号になることは私たちの働き次第ではないだろうか。いま日本人が抱える問題をみんなで解決していこう。そうすればこの今決まった元号、大好きになるかもしれない。

年号がかわれば世もかわるか? それはないだろう

はっきり言って年号が変わることで世の中が変わるとは思えません

かの織田信長は元亀という年号を嫌った。何故なら元亀とは1570年から1573年の間に織田信長に何が起きたか考えれば自ずとわかるだろう。信長包囲網である。巨大な敵には合従で周辺国は対抗するのが古代兵法の習わし。その策略を用いた足利義昭に苦しめられた経緯は元亀という年号が悪いからだと信長は考え信玄没後の確固たる敵がいなくなった今、朝廷の公卿たちの反対を押し切り改元を断行した。わずか3年での改元は天変地異がおきたとき以外はあり得なかった。それほど信長は元亀という年号を嫌ったわけである。おかげで信長と親しいたかだか半家ほどの家格である土御門家の提唱した元号天正」を信長が用いたことに上級公家たちが元号を決めていた経緯から朝廷は困惑しながらも渋々了承した。その後の天正は信長飛躍の年号となった。1575年長篠で信玄亡き後を継いだ武田勝頼の驕りに鉄槌を下し、1581年能登を平定し上杉景勝を狼狽させ1582年毛利輝元は備中高松が秀吉の水攻めに対し優秀な叔父吉川元春小早川隆景に軍を与えても武士の本懐は今更修復できないだろうが信長との講和でいかに家を存続させることで頭が回らなかった。まさに信長は天正元号はなんて縁起のいいものだったと思っただろう。しかし好事魔多し、幸福の後に不幸が訪れる。本能寺で光秀に焼き殺されるハメになったのは光秀のせいではなく、何を隠そう朝廷が裏で糸を引いていたのである。強引な改元が朝廷が恨みを抱いていたのである。古来年号の改元天皇の親戚である藤原の公家たちが主導して行ってきた国家の聖域であった。有職故実に法った古くからの伝統で決めてきた元号を卑しい身分であるどこの馬の骨かわからない神官の出に千古の掟を踏みにじられたのである。信長が本能寺で死んだのはそうした朝廷の顔に泥を塗った信長を許さなかったために起こったとしたら改元を信長が迫ったことによる朝廷の恨みなのかは果たして真偽は定かではない。しかし朝廷の黒幕ということもことの経緯から察するに大いにあり得る話であろう。

そんなばかな!? と思うのは当たり前。これは私の個人的な歴史に対する思いである。信長の死は朝廷黒幕説でありそれを私は支持する。原因は信長の強引な改元があったからと。だとしたら私が言うべきことは信長は天正という元号で殺されたのである。自分で改元をして天正という年号を決めたから殺されたのである。

くだらない妄想を述べてから結局何が言いたいのかというと権力者の安易な改元は国を滅ぼす災いの元ということである。年号は1977年から政府が決めることになったがその政府が決めた年号「平成」はどうだったであろう? 天災、災害・・・地震が起きて2万以上が死んだ時代は平成だけである。つまり政府が決めた年号平成は失敗したのである。年号とは天皇家が決定権を持つものであり、その天皇とつながりが深い一族が関わっていく。それを止めた途端災害の印象が大きい平成…。その平成という年号の失敗を今また繰り返そうとしている…。

もう一度旧五摂家が年号を提唱し天皇家が年号を最終的に決める。年号とは実は我々国民のものでない、天皇家だけのものでありその天皇家の年号を国民は両手とおでこを地面にこすりつけてありがたるのであり、卑しい身分のくせに都合よく権力を手に入れた政府が年号に口に出すのはたいへん憚られるどころか国賊どころか犬畜生にも劣る。

私はもう一度年号を改元天皇家にお返ししたいだけである。こんな改元に喜ぶ、まして保守層がこのことに疑問を抱かないならばあなた達は何を保守してきたのか神経を疑う。保守とは古来からの伝統を尊従していくことが保守ではないか。年号の字は朝廷が決めてきたことで政府が決めてきたのではないのではないか。

年号は神聖にして犯すべからず。くどく言うが世俗世界の政府が口に出していいものではない。日本の伝統を破壊し天皇家を蔑ろにする現政府に私は西暦を用いることも考えている。年号が変われば世の中も変わるだろうか? 世の中を変えることができる改元とは日本が誕生して世界中類を見ないだろう長い歴史と共に日本民族と共に共存してきた天皇家が行ったときではないだろうか。天皇家の長年にわたる歴史に培われているからこそ天皇家が行う改元こそが秘めたる力を用いて世の中を変えてくれると信じていたものだが…。