寄らば大樹の・・・どこか2

その日その日感じたことを書いていくみたいな。たまに変なこと書くときもあると思いますが馬鹿だなと思ってスルーして下さい。

俺は巨乳が嫌いだ

タイトルの通りです。

東スポweb見てたら赤十字がつくった献血ポスターに描かれているキャラがあまりにも胸が大きくて不快でセクハラだというそんな記事を見た。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

あーまたかよである。随分赤十字も物分かりがよくなったもんだな。オタに媚びるとは。以前にも三重の海女さんポスターの萌えキャラが乳袋がよく描かれていてけしからんとかやってたし、自衛隊募集のポスターでもストパンのキャラの絵柄がまるでノーパンみたいでエロイラストで自衛隊の冒涜だとかなんとかで批判されて・・・まあ、またこんなことになっていた。批判しているのは例にたがわず案の定(?)女性なのだが。

正直言いますがあのポスターはキモいの一言です。作者さんには大変失礼ですが私の感性にはああいう巨乳の描かれ方は苦手なのです。別にポスターにああいう女の子のイラストを使うのはいいのですが、巨乳がキモイだけです。もし、巨乳じゃなければ私は別にいいと思いました。苦手な絵柄なんですよね、巨乳とか…。

巨乳だけではなくて、露出のある水着とかラインが強調されるスポーツウェアとか女性の肌や身体を強調しているのは好きではないし、体操服ブルマとかスクール水着とかああいうのを好む輩は女性をただのオナニーの道具として捉えているようで尚更嫌いです。私が好きなのはローゼンメイデンのようなああいう服装です。つまり露出度のない少ない服です。メイド服は露出が少なくてフリルがついた可愛らしいのが好きですがフレンチメイドのような胸や太ももを強調するようなのは嫌いです。要するにおっぱいとか太ももをこれ見よがしにさらしているのは嫌いです。その性欲を刺激する描写が大嫌いなのですし私はエロが嫌いなのです。そういやこち亀も秋本が巨乳キャラに固執してから嫌いになったんだよなぁと関係ないことだが。

 

 

f:id:kurihu:20191016193215j:plain

俺が好きなのはこんな感じのやつ。胸のデカさならこれくらいにしとけばいいと思う。

 

ああやってエロい風潮で献血を呼び込もうという魂胆が好きになれません。男はエロいのが好きだからお前も(私のこと)こんなんでいいだろうという偏見をもたれてはかないません。男がみんな巨乳好きと思われるのはロリコン貧乳好きの私にとって耐えがたい屈辱です。なんだてめえもキモいだけだろ。ああいうのはコミケとかそういう時にやればいいのに、まだまだああいう女性はもとより男性でもあの絵柄は抵抗ある方もいると思いますし軽率なんじゃないかな? みんながみんな好みがあるんだし、それが嫌いだという人がいるのは仕方がない。

ただし、ここで注意しなければならないのはセクハラだとかなんだとか言ってこのポスターをやめろというのは間違いです。変な理屈でその作品を消してしまうのはあまりにも強権的すぎて今の時代にはそぐわないです。それに蘇民際のポスターの件でもはっきりとキモいといえばいいのに胸毛がセクハラだとか妙な理屈をつけたりして、正直に言いなよ、この絵がキモいって。キモいというのは言葉が過ぎるようだから悪口になるからセクハラだとか言って言葉を濁しているんでしょ? 汚い言葉で罵る度胸もなくてセクハラだとか言って正当性を持たせてるだけなんでしょ? 正直に言えよキモいって。失言みたいに批判されるのがこわいからきれいごと言ってるだけでしょ? これ、セクハラでもなんでもないよ。言葉の使い方間違っているよ。胸が大きすぎて不自然で不気味でキモい。キモいというのは悪口だから直接言えないのであれば黙って見過ごせよと思うが…。

まぁでも、山手線にアズレンの絵柄がベタベタ張られていても文句は聞かないけれどこれに至ってはなんで文句が出たのだろうか? やっぱ巨乳がちょっと…。強調している胸の描写は女性の性の記号といえるから献血という献身的な行為を不純な行為に変えてしまっているように見える。おっぱいが目的で献血するってなんかヤじゃね?  セクハラなんかだとは思ってないけど所詮女なんておっぱいで男を呼び込むに限ると決めつけてしまっているようで女性の身体をまるで男の都合のいいモノのように扱っている。おっぱいは男の性的欲求を満たすためにあるという決めつけがこのポスターから感じられるけどそれじゃ女性の尊厳は台無しだな。献血という献身的な行為に対して女性を性奴隷のように扱うかのようなプロパガンダ? おそらく今回の批判の根底はそのへんなんじゃないのかなぁ?

災害で本当に泣いていいのは

被害を受けた方々に対しては大変胸糞わるいことを言うようですが、今回の19号台風の被害を受けた方々、東日本の地震津波で家や土地や家族までも失った方の気持ちが少しでもわかることができて良かったのではないでしょうか? 家が残っただけでも津波で家や土地や命までも失った方たちに比べればたかが床上で家が水浸しになったとしても家も土地も命も失っていないのであれば泣くことはありません。あの時津波で幼いながら車の中にいた母親を失った子供の悲しみに比べれば、私はたかが家が泥だらけになったぐらいで泣いてるような人間はめめしくて見ていて大変腹が立ちます。泣くのであればだれか一人死んでからにしてください。それに人生の中で辛い経験もなく人生を終えるなんてあまりにも身勝手で虫がよすぎます。これくらいの経験、人が死ななければ、人が災害で死んだ辛い気持ちを、少しでもわかることができたならば災害に見舞われたほうがいいです。そうして被災した気持ちが、辛い人の気持ちがわかるようになりこれから被害に遭われた方々に対しても慈悲深くなれるというものです。

自分の相手に失礼な言葉を吐いてしまうのはわざとです。私はあえて人の気持ちを逆なでしたりワザと失礼な言葉を吐いて相手をわからせる手法を取ります。こういわなければ人々がわかってもらえないと思うからです。

災害で人が死んだと聞けばただ可哀想だとしか思わず、その後年末になるとクリスマス大みそかと街中に出てみれば何が楽しいんだかしらないがアホヅラさげて来年はいい年にとか言って神社に初詣ともうその頃には災害で死んだ方のことなど忘れているでしょう。その根底には自分は災害で辛い思いをしていないからそうやって被災者に同情してもすぐに忘れてしまう。そうじゃないでしょ。可哀想と思ったのは刹那に過ぎず、そんな口だけの可哀想ならば最初から可哀想なんて言ってほしくありません。私は東日本でボランティアをしようとして現地で「お前なんか役に立たない、来るなら金でも持って俺に渡してみろ」と言われました。所詮人間の善意というのは本人の自己満足に過ぎません。私は帰れるだけのお金を残してお金を渡しました。

あの時、私は現地の人の言い分がとてもよくわかります。その世の現状を何の狂いもなく確実に射ることができるリアリズムに私の行いは邪魔なだけだったのです。同情するよりも金を渡したほうが同情に勝ります。災害で被害を受けた方に頑張れと口で言うのは間違っていると思います。現地に行って避難所の住民に一万円を渡したほうがいいのです。それかあなたも災害の被害を受けて今までの被災者の気持ちをわかり、二度と軽々しく相手に頑張れという何の価値もない言葉をかけないようにするべきです。同情は口に出さず心の中にしまい死ぬまでその同情の気持ちを忘れないことが大切だと思うのです。

私は今回の被害で泣いていいのは家族が亡くなった方だけではないかと思います。家は国はともかく自治体からはある程度は補助がでますし、家の保険や車も車両保険もあるでしょう。何に使うかわからなくためといた金を使えば一家は再建できます。ただ、人の命はそうもいかない。だから災害で泣いていいのは亡くなった方々のみです。家が壊れた水に浸かったと泣いているのは東日本大震災で亡くなった方を思えばあまりにも失礼すぎると思うのです。

トロッコ問題、まともに考えるほうがおかしい

ロッコ問題とは

 

ある鉄道路線にあなたはたまたま線路のポイント切り替えするところにいた

そこにブレーキのぶっ壊れたトロッコが線路を暴走

線路の先には線路で工事してる5人がいる

5人は暴走したトロッコのことに全く気が付かない

大声で知らせても無駄でこのままではトロッコで5人が轢き殺されてしまう

あなたは線路のポイントを切り替えることができた

ポイントを切り替えてトロッコを別路線へ引き込むことができれば5人は轢き殺されない

しかし、別路線にも工事をしてた1人がいた

ポイントを切り替えれば5人の命は助かるがその代り別路線にいた1人は死ぬ

5人助けるために1人を殺してしまう。はたしてそんなことができるだろうか。また、自分が手を加えず成り行きのまま5人を見殺しにしてしまうか

あなたはどうする

 

 

これはどっかの学者が「人を助けるために人を犠牲にして許されるのか」という人間の思考に問いかけるものであり、ここから人の心理を検証していき倫理という言葉の度合いを試すものである。私はだいぶ昔この問題を精神科の医者に問われた時がある。そして私の答えがこう。

私「人を5人殺してしまおうが1人殺してしまおうが結論から言うと結局その人間が死ぬことで社会的損失が大きいかどうかにかかるわけではないでしょうか?

医者「それは?」

私「つまり、5人の作業員のうち1人だけ優れた才能がいたとします。その優れた才能の人を私は殺すことができません。ゆえにポイントを切り替えて1人の工事している人を殺します。反対に別路線にいる1人の人が優れた才能を持っていれば躊躇なく5人のほうを殺します」

医者「!?・・・では、本線で工事している5人のうちの1人も別路線で工事している1人もどちらも優れていたらどうしますか?」

私「私は功利主義者ではありませんがその場合は人の命の量を救いたいので別路線の1人を殺します。ただ別路線の人がノーベル賞級の天才ならば5人と言わず100人でも1000人でも1万人でもそちらを選ぶでしょう

医者「・・・」

 

実話です(やや脚色あり)。実話だから山口県の小中学校でこのトロッコ問題を授業で生徒に問う出来事は少し興奮した。今はだいぶマシになったと思うが私はガキの頃人の死を天秤ではかることも躊躇しない冷酷なガキだった。いつの頃かはそこまでは忘れたが人が災害で死ねば「医者が死んだのはもったいない、せめてそこら辺のサラリーマンが死ねばよかったのに」と事故ニュースで口走ったら母親にぶん殴られ食べていたハンバーグ(だっけ?)を床に叩きつけられた。

 

mainichi.jp

 

医者「まあ、トロッコ問題で5人と1人がどちらが優れているかなんて最初にそんなことは述べられていないけど。どの人間が優れているかなんてわからないし、だとしたらどうしますか?」

私「人の死は天命、つまり天が決めたことです。その天が決めたことをどうして私ごときが左右できるというのですか? 私は天命の意のままに従うだけ。つまりこの場合は不幸な事故として傍観するだけです。人の命を人が左右するなんておこがましいことじゃないですか?」

医者「ちょっと待って。あなたはさっき優れた人間を生かすためにポイントを変えて殺すようなことを言っていた。そして今度は事故は運命であるからその運命に人間がなにかしらの手を加えるべきではないと言ったではないですか。言葉として矛盾しているのでは?」

私「こんなくだらない問題をクソ真面目に考えるほどお人好しじゃないです。お人好しじゃないから、性格が悪いから精神病なんでしょ? そんな人間の言葉を鵜呑みにするなんてなんて甘いですよ。こんな茶番にはどうしても茶化してみたくなるんです、先生すみませんでした」

 

くっそムカつくなこのメガネ。ブチコロしたくなるわ。それほど腹が立つ質問だったしまともに考えることなんて私は出来なかった。こんなトロッコ問題実際にそういう場面に遭遇してみない限り、人の行動なんてわかるもんではないです。「強盗犯がいたら俺がぶちのめして捕まえてやる」と勇ましく言うものの、実際遭遇してみれば芋を引いて真っ先に逃げ出すことも考えられる。つまり人間なんてその状況下にならなければどう行動するかわからない自分勝手な生き物だということ。それにこんな非現実的な提起なんて実にくだらないし、しなくてもいい。人の心理を弄ぶたいへん悪趣味なものです。まずはこんな縁起でもないものを小中学生に問うこと自体教育に良くない。人を殺してはいけないという小さいころからの教えを見事に覆し、変な理由をつけて人を殺す大人になる可能性が出てくる。人の間接殺人を、人を殺すことを選択させるような点から見ても教育上タブーを犯し過ぎる。まず基本に戻ろう。人を殺してはいけないことを。こんな当たり前のことを知ったうえで殺すならどちらかなんて、どちらもくそもない。人を殺してはいけない。子供に徹底して教えていたことを何故ぶち壊すようなことをするのか? こんな問題を問われて山口の小中学生は不安だっただろう。

子供の思考が追いつかないことも考えず子供をドン引きさせて面白がって心的外傷ストレスまがいなことをしようとする愚かな教育者には大変腹が立つ。トロッコ問題に対しては「人が死ぬなんて嫌だ」と叫ぶ。そう子供が答えるのが正解であると。第一に人間愛を持つことである。間違っても人が死ぬなら少ないほうという損得での考えは決してしてはいけないし、人の命を値踏みするような人間はサイコパス性を疑う。そして誰とは言わないが、災害が起きても損得で考えて支援しても益にもならないし損するだけだからと災害状況をシカトするような大人も出てくる。このトロッコ問題、損得で考えたような答えを出す人間がいたら私はそれはとても恐ろしいことだと感じる。

あまむすと遊んでみる

ドールというものに少し熱が入りかけてる今日この頃。テレビを見ずに(私にとっては)くだらないネットの情報なんて気にもせず、本もバカだから字が読めずに辞書を引く始末で結局寺田心の店に売りに行く(www)。いったい何を目的で生きているのかわからないからとりあえずドールというわけです。

そんでまた増えだしたドールはこれ↓

 

 

f:id:kurihu:20190924135546j:plain

リコリス 

 

 あまむすと検索してみればこのドールのことがわかります。あまりいい噂を聞かないドールですが、そんなの知らん。ドールの遊び方は服を着せ替えしたり髪の毛や瞳の色を変えてみたり、写真で撮ったりして楽しむんでしょうか。ドールに必要な三大要素「可愛さ」「可愛さ」「可愛さ」を追求していくものなのでしょう。あいにく私はドールに服やその他もろもろをお金で買うまでには至らないし撮影にしてもスマホじゃ・・・カメラ高い…いろいろ高い…。

だったら私なりのドールの遊び方を紹介します。それはずばり、何やらデジャブなものを感じるポーズをとらせることです。「これどっかで見たな?」とそう思ったら私の勝ちだ!(何がだよ)

 

 

f:id:kurihu:20190924132017j:plain

 

f:id:kurihu:20190924132215j:plain

 

f:id:kurihu:20190924140151j:plain

 

f:id:kurihu:20190924140239j:plain

 

まあ大体は有名どころなので何のひねりもなく私の発想力の限界を感じます。花の応援団のアノポーズもあったのだが画像編集した際に間違って消したw こまわり君の死刑のポーズは手のパーツがないために断念(ネタが古いか?)。最初の一枚目が何なのかがわかれば私と気が合います。

思えば可動フィギュアフィグマ(英語で書けない)で大変失礼なポーズつけて一人で笑っていた寂しい人間だった。それはともかくドールはいろいろ手足が動かせるからいいよね。服着させたりするのもいいけど、私はどちらかといえば「こっち」のほうが好きかもしれない。このあまむすの素体はオビツ11というやつで動かせる幅は意外とあるのでパラパラ躍らせるが如くくねくね手首足首自由です。あんま調子乗ってるとなんかパーツとか取れるけど。あとこのあまむすは頭が後ろまで回るまさしく司馬懿の狼顧の相。ポーズ取らせてる時に頭が重くて後ろに顔が向くのちょっと怖いよね…。だからこのあまむすの子は「しばい」と名付けます。嘘ですごめん。

決して言ってはいけない言葉だってある

ガンジーという映画を見た。題名の通りガンジーの生涯を描く映画なのだが、まさかガンジーについて知らない人はいないと思うが。インド独立に父にして国父と呼ばれたガンジーとは血を流さずに国の独立を勝ち取る「非暴力、非服従」の精神が大いに語られる。おおよそのストーリを説明しようかと(長くなるが…)。

当時は大英帝国と讃えられた超大国イギリスのもとにインドは属国植民地にされた。インドの民衆はそんなイギリスから独立を目指すがインドは三角貿易の重要拠点でもありエリザベス女王の頭上に輝く王冠と目されたほどイギリスにとっては大切な領土とされてた。インドの独立などイギリスにとっては言語道断とされ独立の機運はイギリスの強硬なまでの弾圧にことごとく潰されてきた。

戦ってもどうせ負ける。戦っても負けてしまうのだから独立は不可能なのか? そんなインド民衆の挫折した心を立ち直らせ新たな戦いで独立を目指す、その戦いとはイギリスに暴力は振るわなくてもイギリスに服従はしない。暴力で訴えても駄目ならば従わなければいい。そうすればイギリスのインド統治は破綻する。インドがイギリスの為に行動しなくなったらイギリスにとってインドなんて何の価値もないからだ。ガンジーはそのことに気が付き、それを実行した。

個人的なことを述べるがガンジーこそが真の独立の父として讃えてしかるべきである。幾たびの国父と呼ばれた英雄は血を代償に民衆の犠牲にして独立を果たす。ガンジーはイギリスとの戦争をなさずに、民衆に血を流させずに独立を勝ち取った。ガンジーの偉大さはここにあるのではないだろうか? そしてこの非暴力、非服従運動は大変な忍耐を伴う。何せ殴ってきたイギリス兵に対して何も手を出さず怒りの感情を懐いてはならない(これはインドではサティヤーグラハという思想といわれ黒人の公民権運動で知られるキング牧師も生涯において手本としてきた)のだから人は感情の動物といわれるのであれば耐え難いものだっただろう。それを乗り越えれたのはインドの民衆の願い「独立」を目指してガンジーに従ったに過ぎない純粋なる心があったからこそ。ガンジーは全インドの民衆を味方にした。民衆は自分の感情を殺してまでガンジーに従った。だからこそ独立を、インドは成し遂げた。

しかし、ただガンジーでさえも果たせなかったことがある。

イギリスはは第二次大戦が終わるも戦争の痛手から国力は大いに低下して冠たる大英帝国の称号も黄昏と化しつつありガンジー独立運動も衰えを見せずついにイギリスはインドを手放した。天に喝采をあげたインドの民衆。これで戦いは終わったかに見えた。しかし、インド独立のために戦ってきた同志たちはインドの独立が叶うとたちまち反目した。それはインド国内におけるヒンドゥー教徒ムスリム(イスラム教徒)の宗教対立である。今日の友は明日の敵とは人間とはなんて身勝手な動物だろうか。ガンジーはインドが独立しても同じインドに住まう民衆同士が争うことに大変心を痛めた。ガンジームスリムらに譲歩を提案する。インド国内におけるムスリムの数が多い地方の分離独立を容認しその地方が今のパキスタンガンジーとしてはとにかく争うことを嫌ったがゆえの判断だが国土は分断され民衆は同じ教徒らが住まう場所に向かうため流浪を余儀なくされた。

それでもヒンドゥー教徒ムスリムの対立は無くならなかった。独立運動から片時もそばを離れずガンジーを師と仰いでいたネルームスリムに対するガンジーの融和策は優柔不断で問題を先延ばしするだけに過ぎず、ガンジー自身はヒンドゥー教徒なのになぜ異教徒に優しくするんだと、強攻策をとってもよいのではと疑問を持つようになった。ガンジーは今一度インド全民衆の結束を促すために断食を行う。断食を行うガンジーの周りにはガンジーのいつまでもムスリムに優しくする態度に業を煮やしたヒンドゥー民衆が取り囲みガンジーに対して野次を放つ。ガンジーに寄り添っていたネルーも彼らの野蛮な態度に心を痛めるも内心彼らにも同情もした。

さて長々と語ってきた私がこの映画の中で最も心を打たれた場面がやってくる。

ガンジーは断食を批判するかのような怒号を放つ人々の中にいる。それでもガンジーはその言葉をただ聞いているだけである。その時、誰か一人が言葉を放つ。

ガンジーを殺せ!!」

その言葉をネルーが耳にしたときネルーの顔色が一瞬に変わった。血相を変えて民衆のほうへ身体を投げ出す。そしてネルーが民衆に凄まじい剣幕でこれまで口にしたことがないほどの大声で

「今ガンジーを殺せと言ったのは誰だ!! 今ガンジーを殺せと言ったのは誰だ!! いったい誰だ!! 殺すなら私を殺せ!!!」

それまでネルーが見せたことのない顔に民衆は誰も言葉を放たなくなった。ネルーがこれほど感情をあらわにしたところを見たことがなかった民衆は俯くしかできなかった。このシーンはこれ程激情に駆られたネルーの演技に心揺さぶられる。こんなシーンは他の映画では私は見たことがない。

インド独立のためにひいては民衆の為にガンジーは戦ってきた。それなのにガンジーに対して恩をあだで返した民衆にネルーは怒りの感情を懐いてはならないという非暴力の精神をもう一度呼び起こそうとそう叫んだのだろう、と私は解釈する。ネルーは史実で「人を殺して何になる。憎しみは何も解決してくれない。憎しみなど忘れるべきだ」と語っている。殺しはなにも解決しない。それなのに殺せと叫んだことにたいして怒りを露わにしたネルーだからこそのシーンが私がこの映画の好きなところです。

それと別な角度でこのシーンを考えてみる。思っていても口に出してはいけない言葉を平気で口に出すその愚かな様である。ガンジーがどれ程インド独立のために尽くしてくれたか、インドの民衆は誰もが知っていることでありそれを否定などできやしない。インド独立の父としてガンジーとは民衆にとってはガンジーに足を向けて寝られないのである。それなのにいとも簡単に殺せとガンジー自身に言い放つことは自分の都合が悪くなれば人に八つ当たりする、それが自分のなかで最も尊敬する人物にたいしても憎らしくて敵になる。これ程恩知らずで魂を失くした所業は人間の屑である。確かに偉人に対して不満を持つものは人間の千差万別の感情ゆえ仕方がない。ただ、だからといってそれを言葉に出していいものなのだろうか? 人の魂を一瞬に打ち砕く言葉がある。言葉とは時に刃に勝る凶器になる。だからこそ口を慎まなければならないのである。もしその言葉を口にしたならばただちに実行して殺害しなければならない。ガンジーを殺せと言ったのならば言葉通りに殺さなければならない。いや、別に殺すつもりではなくて脅し程度で殺せと言ったに過ぎない? そんな言い訳は通用しない。何故なら玉に付けた傷は磨けば消えるが言葉に付けた傷は決して消えないからだ。冗談交じりで放った言葉でもその言葉を受け取った側からはそう冗談に聞こえないことだってある。言葉にも責任が生ずる。それを知らずに冗談で言うくらいなら最初から決して言ってはいけないのである。言うとしたらその覚悟が十分ある時である。

その覚悟があったのだろう…。ガンジーは狂信的なヒンドゥー教徒に銃で撃たれて死ぬ。

人間とは理性ではどうにかなるものではない。怒りは理性をも凌ぐ。だから私は怒りの感情がとても恐ろしくて嫌いなのである。私が思うに決して言ってはいけない言葉はそんな怒りから生ずる。そんな怒りに対しても、だからといって殺す覚悟もない癖に殺すという言葉は絶対に私の中では許せない。大切な人が誰かに殺せと言われたら私はネルーのように私を殺せと絶対に言う。

今のネット社会もひどい言葉が溢れている。それを見てしまうと気持ちが落ち込む。ただ、どうしても、確かにその通りだとは思っていても言葉に出してほしくない言葉がある。何なのかは具体的に言いたくないが特定の人たちを言葉で傷つけている愚かな人間がネットに多い。軽々しく冗談では済まされない。人の心を傷つけておいてそしらぬ顔をしている人間がいたとする。そんな人間に対して私からお願いしたい。

どうかその言葉を発する前にもう一度言葉の重みと責任を考えて欲しい。その言葉で人を傷つけるかもしれない。決して言ってはいけない言葉ぐらいわかるはずである。それをあえて無視するようであればどうか人間を止めて頂きたい。

最後にガンジーという映画は私が第一に挙げたくなる映画です。何か怒りを感じた時に私はこの映画を見ることにしています。映画を見終わったときに当初抱いていた怒りは何故かなくなっている時が多いです。怒りなんて人間の一時期の熱狂。もしかしたら映画でも見ていれば怒りも自然と消えてしまうだけかもしれません。

 

 

ガンジー (字幕版)

ガンジー (字幕版)

 

 

その報道いる?

愚痴になるけど、ていうか私がこんなこと滅多に言わないことなんだけど

内閣改造の人事みたいなの別に今日発表じゃなくてもよくね?

今大変なのは千葉県の沿岸都市とかあのへんでしょ?

電気と水がなくて暑くて大変なんじゃない?

早く支援するとかそういう態度を示したら?

内閣の人事なんて1週間後とかにずらせばいいのに

テレビで小泉のボンが入閣とか速報流しているの千葉の人煽ってるでしょ?

空気読んで自重しろよそんなのいちいち流すな

台風の被害を受けて急きょ内閣改造なんて延期してそっち優先しろよ

こんなこと言いたくないんだけどさぁ、お前2014年の奥秩父の積雪被害の時呑気に天ぷら食ってたじゃんw

そういう態度がムカつくんだよ安倍(あー言っちゃった…)

庶民派ぶっていいとも出演してもうそんな芝居忘れたのかよ

そういうのを 世情 冷暖を看る というんだよ

増税前にこんな大事にしたくないのはわかるけどさぁ、筋は通そうよ

いい加減ムカついてきたよ

人の人生は自分が何とかするんじゃない周りの支えでやっていくもんなんだ

自分とこの国民見捨てておいて何が楽しいんだ?